「金属アレルギーがあるから、シルバーアクセサリーはつけない」という方もいらっしゃいますよね。

しかし、実は銀、シルバーという金属自体は、アレルギーを起こしにくいんです。
では、なぜアレルギーが出てしまうのでしょうか?

シルバー925で金属アレルギーが出るのは、、

銀は、アレルギーを起こしにくい金属です。
意外だと思われましたか?

以下をご覧ください。

アレルギーを起こす金属:
水銀・ニッケル・コバルト・パラジウム・クロム・プラチナ・亜鉛
アレルギーを起こしにくい金属:
アルミニウム・ナトリウム・マグネシウム・カリウム・・チタン・鉄

アレルギーを引き起こさないと思われがちな金も、実はアレルギーを引き起こします。
金の成分が体内に入ると、アレルギー反応が高い水銀と勘違いして反応してしまい、アレルギーを起こすようです。

一般的に流通しているシルバーアクセサリーは、SILVER925です。
この925というのは、シルバーの割合が92.5%ということです。

そのほかの7.5%は、銅などの金属です。
純粋な銀は柔らかすぎて加工がしずらいため、銅などを混ぜて硬さを出し、加工しやすくしています。

シルバーアクセサリーをつけてアレルギーが出る場合、
この、混ざっている金属に反応している可能性が高いです。

金属アレルギーが出る他の原因

金属アレルギーが出るその他の原因としては、シルバーアクセサリーの表面に施されたメッキが考えられます。

メッキとは、主に変色防止のために、アクセサリー表面を他の金属でコーティングすることです。

シルバーアクセサリーのメッキは主に、ロジウムメッキ(ロジウムコーティング)です。
他の金属でメッキを施す場合もありますが、それら表面のメッキの金属に反応してしまう、ということもあります。

アレルギー体質の方でもつけられる金属

100%に近い純度をもつシルバー1000なら、アレルギー体質の方でもつけられると思います。
しかし、難点もあります。

流通量が少ないです。
また、純粋な銀はとても柔らかく、黒く変色しやすいんです。

ちょっとしたことで傷が付きやすい、黒ずまないよう保管する、といった注意点があります。

その他には、最近よく見かけるようになった、ステンレス製のアクセサリーもいいですね。
その中でも、サージカルステンレス製のアクセサリーは、金属アレルギーが出にくいです。

ステンレスの中でも極めてアレルギー性の低い素材で、変色が少なく錆びにくいので、医療用のメスなどにも使われています。

黒ずみ防止コーティングについて

ノアズでは、黒ずみ防止のフッ素樹脂コーティングを行なっています。
黒ずみ防止が主ですが、金属アレルギーにもある程度の効果があります。

ロジウムコーティングはいぶしの入ったものには施工できませんが、フッ素樹脂コーティングは基本的にどんなものでも施工できます。

石が入っているものや、チェーンにもコーティングできます。
無色透明ですので、アクセサリーも石もチェーンも、見た目の変化はありません。

追加料金はありませんので、お気軽にお問い合わせください。
(※当店の商品のみの施工です)

お問い合せはこちらから

noas(ノアズ)ショップサイト