夏の大三角、夜空を見上げると、明るいのですぐに見つかる、夏の夜空の象徴です。

その夏の大三角を構成する、こと座とわし座をモチーフにしたペアリング。

七夕でおなじみの、「織姫(おりひめ)」と「彦星(ひこぼし)」。「織姫」は、こと座のべガのことで、「彦星」は、わし座のアルタイルのことです。

1年に1回しか会えない2人を、ギュッと近付けて。
ペアリングにしました。

もちろん、単体でのご注文もできます。

ベガとアルタイルに、カラー変更可能なジルコニアを入れています。

そして、リング全体に、丁寧に槌目を入れました。

使用しているカラージルコニアは、廃盤が決定しており、在庫のみとなっています。

カラーカスタムで、自分だけの「織姫」リング、「彦星』リングを手にしていただけます。

「1年に1回」から、「ずっと毎日」に。
シルバーならではの経年変化も楽しめる、槌目入りのペアリングです。

星座モチーフとシルバー特有の経年変化は相性が良く、永く使っていただけます。

サイズは5〜30号、0.5号単位での製作も可能です。
15.8号といった、さらに細かなサイズにも、できる限り対応します。

「織姫」と「彦星」の槌目ペアリング(こと座とわし座のペアリング)

こと座、織姫の槌目リング
わし座、彦星の槌目リング

夏の大三角のシルバーリング(「織姫」と「彦星」の槌目リング)