イヤーカフは気軽に楽しめるおしゃれアイテム

簡単に着けることができることから、ピアスよりも気軽に、耳のおしゃれを楽しむことができるイヤーカフ。


イヤーカフは片耳に着けることが多いですが、両耳に着ける際はアシンメトリー(左右非対称)に着けるのが基本です。

イヤーカフを片耳だけに1〜2個、ピアスの穴が開いている人なら、両耳のピアスにプラスして片耳だけイヤーカフを1個追加など、両耳が非対称になるように意識することで洗練された印象になります。

イヤーカフかピアスか分からないようなシンプルデザインのイヤーカフをピアスと同じ位置に着けてしまうと、1個ピアスを落としちゃった人に見えてしまいますので気をつけましょう。

イヤーカフは右耳に?それとも左耳に?

実は、女性が左耳だけに着けているとレズビアン、男性が右耳だけに着けているとゲイ、という意味があります。これは中世ヨーロッパの慣習が根付いているからです。

中世のヨーロッパでは、男性は敵から身を守るため、利き腕である右側は常に空いた状態であることが望ましく、そのため守るべき女性を自分の左側にして歩いていました。

女性と密接する左側にピアスをして、「勇気と誇りを掛けて守る」という想いを伝え、対になったピアスを贈られた女性は、右側にピアスを着けることによってその想いにこたえたというのが由来です。

そのため、
イヤーカフを左だけに着けると、
男性:勇気と誇りの象徴/女性:レズビアン
イヤーカフを右だけに着けると、
男性:ゲイ/女性:優しさと成人女性の証

という意味を持っています。

本来の男女の位置関係に反する側に着けることで、女性ですとレズビアン、男性ですとゲイ、という意味に捉えられてしまう訳です。

ただ、日本ではそういう考え方はほぼありませんので、特に意識する必要は無いと思います。逆に、海外ではある程度の注意が必要だと考えておいた方が良いです。

イヤーカフはプレゼントにもおすすめ

ピアスやイヤーカフは元々魔除けとして、お守りのように古代から身に着けられていました。肌身離さず身に着けられるものですので、プレゼントとしてもおすすめです。

「自分がプレゼントしたものを肌身離さず身に着けていて欲しい」「離れていても自分の存在を感じていて欲しい」といった意味合いもあり素敵ですね。

しかし、反面、「独占欲」や「束縛」と捉えられかねないものですので、贈る際は多少の注意が必要かも??逆に、「あなたは1人じゃないよ!」というポジティブな意味にもできますので、やはりお互いの関係性によるのでしょうね。

シルバーも、幸運と魔除けのシンボル

実は、シルバー自体も幸運と魔除けのシンボルとされています。

金属の中でもシルバーは反射率が高く、強い輝きを放ちます。このシルバーが放つ強い光が邪悪なものを跳ね返すと信じられており、厄除けや魔除けのお守りとして扱われてきました。

お守りとして、普段からシルバーアクセサリーを身に着ける、というのもおすすめです。

豊橋市のオリジナルデザインのシルバーアクセサリー工房noas(ノアズ)では、お守りとしても最適なペアリングの他、「シンプルでも少しヒネリがあるデザイン」のアイテムを取り揃えています。

↓「永遠の連鎖と拡大、円満、調和」を意味する日本の伝統文様、七宝のペアリング↓

noas(ノアズ)のショップページ