シンセサイザーの名機TB-303のつまみモチーフ、可動式のペンダント。

今まではTB-303やTR-808などのハードシンセをまるっとアクセサリーに再現していたのですが、少し前からパーツにも焦点を当てようと思っていました。

シンセでパーツといえば、、、もちろん「つまみ」しかない!(個人の見解です)

シンセのつまみというと、安定のTB-303だなという訳で。

まずは303のつまみをこれでもか!というくらい目立つようにリングトップに配したごついリングを、昨年末くらいに製作しました。

構想時には、ただつまみがあるだけでは他にありそうだと思い(実際にありました)、じゃあ可動式にしよう、と。

そして、目盛りがあるのだから、その間のみ動く仕様にしよう、と(ギャグではありません)。

製作はかなり細かく、ハンドメイドの限界かと思いましたが、完成。これに気を良くしてか、また可動式のつまみになった訳です。

今回、パーツモチーフの第2弾として、またまた可動式の、今度はペンダントを作ろう!となり。

ペンダントにするにあたって、つまみ1個はつまらない。
2つのつまみを付けよう!

2個のつまみなら、、カットオフとレゾナンスだよね!

じゃあ、実機みたいにCUT OFF FREQとRESONANCEって文字があったらカッコイイよね!

ということで、また得意の勝手にハードル上げをしました。

2個同じつまみが並ぶのだから、ハンドメイドとはいえ、大きさや高さもしっかり揃えなければ。

本体に少し沈んでいた方が「らしく」なるから沈み具合も揃えなければ。

本体の外周は303実機のように一段落とすとさらに良いよね、じゃあそうしよう。

考え出すと、難しい方難しい方へと行ってしまう性。。。

その結果、、、良い出来になりました!

303好きさん、シンセ好きさんはもちろんのこと、個性的で他にはないアイテムを意識している「シンセのアクセ」ですので、他の人と被らない個性的なシルバーアクセサリーをお探しの方にも超おすすめします!

シンセサイザー関連のモチーフはもちろんですが、先日アップした可動式CDJモチーフのペンダントのように、今後はもっと広く、音楽モチーフのアクセサリーも展開できればと思っています。

 

TB-303の可動式つまみペンダント(カットオフ&レゾナンス)

 

豊橋市のシルバーアクセサリー工房noas(ノアズ)では、全てオリジナルデザインのアクセサリーを製作しています。超個性的な「シンセのアクセ」のほか、シンプル系やジュエリー系などはもちろんのこと、オーダーメイドアクセサリーのお問い合わせにも柔軟対応しています。